旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

京都西陣の守り神「今宮神社」への信仰を佛教大学生が調査

旅行

京都西陣の守り神「今宮神社」への信仰を佛教大学生が調査
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

京都 西陣の北に位置する今宮神社は西陣の氏子達に支えられています。佛教大学の学生が今宮神社の石碑を調査して歴史を紐解きました。

今宮神社の場所と歴史

今宮神社は、京都市北区紫野にある神社で、京都市北区・上京区にまたがる大きな氏子区域を持っています。
現在の今宮神社がある土地には、794年(延暦13年)の平安遷都以前から疫神スサノオを祀る社があったとされます。
今宮神社と命名されたのは1001年(長保3年)で、朝廷が疫神を船岡山から移し、疫神を祀った社に神殿・玉垣・神輿を造らせ、大己貴命、事代主命、奇稲田姫命の三柱の神神を創祀された。

応仁・文明の乱(1467年-1478年)や戦国の兵乱などで今宮神社は焼失しましたが、豊臣秀吉は今宮社の御旅所を再興し、神輿1基を寄進。
また、5代将軍綱吉の生母・桂昌院は京都の寺社の復興に力を注ぎ、、1694年(元禄7年)には御牛車や鉾を寄進したほか、祭事の整備や氏子区域の拡充、やすらい祭の復興など様々な施策を行った。江戸時代には社領として今宮神社に50石が与えられた。

佛教大学の学生が今宮神社の石造物を調査

石造

 佛教大(京都市北区)の学生が、近くにある今宮神社の石造物を調査したところ、境内が現在の状態に整備された元禄期ではなく、それ以降に民衆が寄進した石碑や灯籠が多いことがわかり、このほど報告書にまとめた。調査に携わった学生は「神社が西陣の氏子たちに支えられてきた歴史が、石造物からもよく分かる」と話している。

 同神社境内は、徳川綱吉生母の桂昌院(けいしょういん)が寄進した元禄7(1694)年に大規模整備された。石造物もその年代の作が多いと考えられていたが、当時のものは少なかった。最古は境内南側の石灯籠で、元禄以前の延宝4(1676)年と刻まれていた。
 年代を25年ごとに区切って分類したところ、1750~74年に集中していた。明和9(1772)年に「大猪熊町」、安永3(1774)年に「上立売堀之上町」が寄進した灯籠があったほか、「西陣上組」「西陣西組」と刻まれた石碑などもあり、地元住民の厚い信仰が裏付けられた。
 同神社の佐々木従久宮司(62)は「桂昌院以降の、町衆による設置品が多いことを再認識した。これからも地域の人と神社を大切に守っていきたい」と話す。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

京都市北区 今宮神社

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ