次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

京都 北野天満宮 巫女さんが「大福梅」の袋詰め

旅行

京都 北野天満宮 巫女さんが「大福梅」の袋詰め
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

京都では年の初めに無病息災を願って「大福茶」を飲む習慣があります。
その「大福茶」に入れる梅の実を参拝者に授与するのが梅で有名な北野天満宮です。
北野天満宮では毎年この時期に巫女さん達が「大福梅」の袋詰めを行います。

「大福梅」は元旦に飲む「大福茶」に入れる梅として参拝者に人気です。

大福梅の御利益

大福梅

天神様(菅原道真公)の恩恵溢れる北野天満宮境内で調製された新年御祝用の「大福梅」が、正月準備を始める12月13日の事始めより授与されます。

この梅は、元旦の朝、祝膳の初茶として飲むもので、邪気を祓い、一年間生気に満ちた健康な日々を過ごすことを祈るものである。

その起源は、村上天皇の天暦5年(951年) 疫病流行の折、「天皇御脳にかかり給いしが、この茶を服し給えば御脳(おのう)たち所に平癒す。これより王服と称して毎年元旦にこの茶を服し給い、萬民これを倣い年中の疫病邪気を除き長寿幸福を得るなり。」と伝えられる。

「大福」の字は「王服」より転訛したもので、吉祥の意味をこめ吉字をあてたものであります。

出典 http://kitanotenmangu.or.jp

北野天満宮では巫女さんが「大福梅」を袋詰め

大福梅

 大福梅は、平安中期に起源を持つとされる。元旦にさゆに入れて飲み、1年の無病息災や長寿を祈る。毎年6月に実を採取し、夏の土用干しを経て12月に参拝者に授与される。
 巫女たちは、甘酸っぱい香りの充満する社務所の一室で作業に臨んだ。乾燥した梅の実を6個ずつ、正月飾りに使うシダ「ウラジロ」とともに袋に詰めた。
 天満宮の神職、松大路和弘さん(38)は「今年は例年よりも梅の実が大きい。来年をいい年として迎えられるのでは」と話す。12月13日から25日ごろまで、3万袋を授与する予定。1袋700円。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

北野天満宮で大福梅の袋詰め

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!