藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

宮津の山王宮日吉神社で「赤ちゃんの初土俵入り」 ~泣く子は育つ~

旅行

宮津の山王宮日吉神社で「赤ちゃんの初土俵入り」 ~泣く子は育つ~
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

赤ちゃんが相撲の回しを着けて「泣き相撲」を行う神事は
各地の神社で行われています。

京都府宮津市にある山王宮日吉神社でも
江戸時代から続く伝統行事「赤ちゃんの初土俵入り」があります。

山王宮日吉神社の起源と場所

山王宮日吉神社
地図

宮津総氏神・歴代宮津藩の守護神

■宮津城下を見下ろす丘の上を神域として宮津を鎮護する山王宮日吉神社。敏達天皇元年(572年)を起源とする境内は樹齢一千年ともいわれます椎の御神木をはじめとした巨木に囲まれ、ご本殿を中心に八社の摂・末社が鎮まります。ご本殿や幣殿拝殿また神輿、灯篭にいたるまで、神域の多くは歴代の宮津城主が再建寄進したもので、山王宮と宮津藩との深い繋がりを窺うことができます。江戸時代初期、藩主・阿部正盛により再建されたご本殿は京都府指定文化財に、また神域全域は文化財環境保全地区に指定されています。
境内は四季折々の美しい花々や野鳥のさえずりに包まれ、清らかで心癒される神域として古来変わらずに神々しい環境が守り続けられています。

出典 http://www.sannougu.jp

赤ちゃんの初土俵入り

赤ちゃんの初土俵入り

江戸時代から続く可愛らしい行事 神様とすもうを取る

赤ちゃん「初土俵入」は山王宮境内にある杉末神社の例祭に執り行われる神事で、化粧廻しを付けた幼児が見えない神様を相手に相撲を取るという、全国でもきわめて珍しく、また可愛らしい神事といわれています。
宮津の町では江戸時代初期から地元力士により奉納花相撲が執り行われていました。その影響を受け、江戸中期に氏子中の有力な家々が屋号などをもとにした化粧廻しを作り、その息子たちを土俵に上げたのが始まりです。
神社に残る文献によりますと延宝九年(1681)より「花相撲仕り・・・」とあり、その頃から寛政年間(1789)にかけて徐々に現在の形が作られていったと考えられます。旧家には昔使われた化粧廻しを残す所もあり、またその一部は神社に寄贈され保管されています。
初土俵入は見えない神様と相撲を取る神事です。神様を土俵際まで押し出そうとしますが、押し戻されて赤ちゃんは負けてしまいます。しかし、神様と相撲を取り、神聖な土俵の砂をお尻に付けることで健康を授かるという微笑ましい神事です。
10月・体育の日に開催 地域を問わずどなたでも参加できます

現在使われています化粧廻しはいずれも神社により最近作られたもので、神社に関わりのある景色や草花の絵が使われています。また、女の子にも似合うようにやさしい柄の化粧回しも取り揃えられています。
初土俵入は地域を問わずどなたでも参加できます。毎年250人ほどの参加があり、約半数が京阪神をはじめとする遠方の方々となっています。神社は日本三景の天橋立のすぐ近く、車で5分ほどの場所にあります。観光も兼ねて丹後の宮津を訪れて下さい

出典 http://www.sannougu.jp

赤ちゃん「初土俵入り」:杉末神社の赤ちゃん相撲

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ