キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

伊藤若冲の「花卉図」を分析した「若冲の『花』」が出版される

旅行

伊藤若冲の「花卉図」を分析した「若冲の『花』」が出版される
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

伊藤若冲が晩年手がけた天井画として有名なのが
168の格子面に1種類ずつ花を描いた「花卉(かき)図」

「花卉図」は若冲が83歳頃に描き上げたとされ、もとは晩年を過ごした石峰寺(伏見区)の観音堂の天井画でした。

しかし、この天井画は明治初期の廃仏毀釈の嵐のなかで処分され、古美術商の手に渡り、信行寺の檀家が買い取って寄進したと伝わる。

「花卉図」に描かれた花を同定 比較した「若冲の『花』」が出版される

花卉図

「若冲の『花』」では、理学博士光田重幸さん(植物分類学)が、167面(一つは落款)の花すべての品種を検討し、一覧表にしている。描かれた花々について「江戸中期の栽培植物のタイムカプセル」と評し、「渡来して間もない珍奇な植物や、食用だった野菜・園菜類まで取り上げられている」と記す。
 分析の結果、特定しきれない作品は残るものの、これまでの解釈に約20カ所の変更を加えた。さらに、「トリカブト」と判明していた絵を「ハナトリカブト」とするなど、約50種について品種名まで絞り込んだ。

 また牡丹(ぼたん)、菊、梅など複数枚に描かれた花を中心に拡大写真を掲載、動植綵絵(さいえ)などの花と比較して、若冲の観察眼の正確さを浮かび上がらせた。監修した美術史家の辻惟雄さんは、円形の画面に収まる花々について「奇抜なデザインによって動きを与えられ、まるで動物のように描かれた植物たち。それは面白さと同時に緊張感さえ醸しています」と表現している。

「若冲の『花』」は朝日新聞出版刊、2160円。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

伊藤若冲と石峰寺の関係

石峰寺

なぜ、晩年の伊藤若冲が京都伏見にある石峯寺にある観音堂の天井画を描いたのか。
実は伊藤若冲は晩年石峰寺門前の自宅に住んでいました。

そんな関係で、日頃から石峯寺と親しくしていたようで、天井画の他に、住職と協力して「若冲五百羅漢」として知られる石像を制作しました。

石峯寺には若冲の墓があり、毎年9月10日に若冲忌を営んでいる。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法